終わりがいつかわからないと、本当に折れそうになります。 本当に毎日瞬間瞬間よくがんばってると、自分を誉めてあげてください。 人間ですから、へこむし、腹立つし、泣きたいし、投げ出したいです。 だって、自分の人生だけでも大変な事って山ほどあるのに… 親の日常と感情にまで関わるって、経験した人しかわからないです。 私も母が五年前に倒れ(寝たきり入院生活なので現在は会えてません)、父がその1年後に脳梗塞から介護になりました。 介護施設に入れたので、私の負担は随分楽だったと思います。 パートも辞めずにすみました。 それでも、不安な父からの昼夜を問わない電話の対応に随分疲れました。 大声でケンカもしました。 今思えば、私が疲れている事も、大変な事も、父にはもう想像ができない事だったんですよね。 子どものように、要求をする事もあれば、私を気遣う言葉をかけてくれる時もあり… 介護をされる父が、何を感じているのか、何が見えているのか? は、介護する側にはなかなか理解できません。 理解できない上に、追われるようにやることが次々とあり ご自宅介護はホントに休む時間がありませんよね。 自分を押し殺して、親の介護をする状況は孤独だと思います。 私は、波動的には正しくないかも知れませんが、「しんどい」と、「もー嫌だ」とさんざん吐き出しました。 だって私はそんなできた人間じゃないですもん。 (ぐるぐるワーク知らなかったし) 自分に『よくやってる。がんばってえらい』と声かけ、辛い時は今自分がしたい事、例えば 寝たい。ダラダラしたい。 を優先させました。 たとえ、洗濯物を今日届けられないとしても… 私が倒れたらみんな生きていけないから、だから私は自分がしんどい時には、自分を甘やかしました。 腹が立つ日々が、こんなものかな…とある意味慣れてき、父もがんばって生きてきたんだな…すごい人だなと自然と感謝できるようになりました。 介護当初は感謝なんて全く。 不思議と感謝できるようになりました。この気持ちを知るためだったのかと今は思えます。 父も昨年安らかに逝きました。 こんながんばってるんだから、次良いことしかないでしょ どうぞ、自分を追い詰めないでください。介護できる方はすごいと思います。