>>2492 ネズミさん^^ コメントありがとうございます! ご結婚を真剣に考えられていらっしゃるのですね^^ とても素敵なことだと思います♡ そして彼氏さんもHSPさんとのこと… 心から心配されているとお察しします。 彼自身のことも、将来のことも、心配ですよね。 長くなってしまったので、良ければ最後までお付き合い下さい^^ 【鬱病】と【HSP】は違います。 ただ、鬱病になりやすさ、はあると思います 【HSP】は脳の構造の違いで、 人より「情報をキャッチするアンテナの感度 が相当高い性質」を持っている人たちのことです。 人口の20%が該当する。 背の高い人、がいるという個性の違いです。 性質を受け入れ、活かしていくことがポイントのようです^^ 背が高い人が向いているスポーツがあったりしますよね^^ そして【鬱病】ですが、精神科に行く前にできることが たくさんあります。 今では、鬱病自体の診断も疑問視されています。 (↓5/22に現状を知れる詳しい無料セミナーがあるので、  ご興味あればメッセージください) 現在日本で鬱病や発達障害と言われている方々の中には かなり多くの確率で、栄養管理によって回復する症例があるということ。 これが「副腎疲労」という症状や「新型栄養失調」というものです。 副腎は、生きる上で必要なあらゆるホルモンを製造する臓器で 出しすぎると疲弊して、ホルモンが出ない状況に陥る。 そうすると、慢性疲労症候群や鬱症状が発症する、というものです。 新型栄養失調は、脳への栄養失調により、 鬱病ではなく、鬱症状を引き起こしたり、 発達障害の行動をおこしすケースが多い、 ということ。 私は今年に入ってHSPだと自覚したので、 HSPさんの知識は浅いのですが、 私の場合は、こういう流れで鬱症状を発症したのだと 理解しました。 1.HSPにより外界の情報に敏感に反応する ↓ (無意識のストレス反応) 2.副腎から人より多くのホルモンを出さなけらばならない ↓ 環境により、副腎が披露する   (抗ストレスホルモンが出ない) 3.体を修復するため、ビタミンミネラル、タンパク質を ↓ はじめとした栄養が消費される。 4,ホルモンが出ないため、激しい疲労感や、   鬱症状が出る。 対処法としては、いくつかあると思います。 もちろん、ネズミさんが隣で高い波動をお届けしてあげることが とても心の支えになるでしょう^^ そして、純ちゃんがおっしゃるように、身体が整わないと 心も連動して整わないのも現実としてあります。 だから、彼氏さんへのご提案 ・休息、睡眠、栄養をしっかり摂ってもらう ・とことん、共感して寄り添ってあげる  ⇒鬱症状が出ているときは、   どんなに愛のある言葉でも、正面から受け取れず、   敵に見えてしまうので励ましはあまりうれしくありませんでした  (励ましてくれて皆さんに謝りたい!) ・今、十分に頑張っていることを認めてあげる  ⇒私の15年の暗黒時代の経験の中では、   自分を自分で認めてあげられなかったです。 私の場合、心癒されるアロマの香り、 そして、高濃度多種類のミネラルを継続して摂取することで、 自分ではどうにもならない精神のコントロールを 取り戻すことができました。 だから思うのです! メンタルの不調は体を整えると手放せる! honamiさんも、腸活はセロトニンの分泌のために必須! とおっしゃるように、 腸活栄養アドバイザーの視点からも、 具体的にご提案もできると思っています^^ もし、このコメントでモヤモヤが残ったら、 プロフィールのインスタアカウントへメッセージください^^ ネズミさんの、納得のいくご結婚に向かいますように♡ 心からネズミさんの幸せをお祈りします^^