>>2303 だわわちゃんへ 回答どうもありがとう~🥰 では私のことは『みほちゃん』でお願いします😁 回答に沿ってお返事していきますね~ ・疲れすぎたり、心にポッカリ穴が空いた気持ちになると、沢山食べてます。。食べることに疲れて、グッタリするという悪循環なのがツライです。。。 →食べる前、 具体的にどんなことをした時に疲れを感じ、 心にポッカリ穴が空いた気持ちになるのはどんな時なのか 次のコメントに書き出してみてー。(質問①) ・今の身体は疲れやすい。 →これはいつからかなー?(質問②) 健康で軽やかに行動できるようになりたい。 脚が太すぎて、見知らぬ人とすれ違うとき、露骨に見比べられるのを感じるのがシンドイ。。。 →今度見知らぬ人とすれ違う時には 本当に脚を見比べられてるのか しっかり観察してみて欲しいよー。 はっきり相手から話を聞いていないから 相手は だわわちゃんの脚を見て 「太い(格好悪い)」と思っているのか、 「太い(セクシー)」と思ってるのか それとも 何とも思ってなくて ただ たまたま目線を合わせるのが嫌で目線を下にしたら そこに だわわちゃんの脚があっただけなのか だわわちゃんの想像のお話だよね。 そこを観察してみて欲しいのー。 だわわちゃんが 自分の脚を太い=格好悪い、素敵じゃないと思ってるから、 「相手にもきっとそう思われている!」と思いがちだけどねー、 面白いことに 相手に聞いてみたら 意外とそうとは限らないよー。(脂肪を付けたいと望んでる人も世の中にはいるからね~) ・周りの目を気にせず、自分らしく過ごせるようになりたいです。 →うんうん。これは痩せなくても今からでもなれるよー。 まずは、 だわわちゃんが人を見た時に 「あの人はあんな体型だから格好悪いな」 「あの人は細くて格好いいな」 みたいなjudge(善悪や優劣の判断を下すこと)するのを一旦やめてみて。 潜在意識には 『judgeの法則』というのがあってねー、 自分が無意識にjudgeしてるとね “相手にもきっとされてるんだ” と思って人目が気になるのよー(><) だから judgeしてることに気付いたら 「私はもうjudgeはしない!」 と決めて口に出すか頭の中で呟いてみて。 そして一旦judgeをやめて、 何か他の興味あることに注目してみるのー。 これを繰り返していたらjudgeしなくなるよー。 judgeしなくなると他人の目が気にならなくなるよー。 ぜひぜひやってみてー^^ そしてね、 究極は 『私は格好悪くてもいい!』なの。 どういうことかと言うと 『人には格好悪い所を見せても大丈夫ー。それでも私達は嫌われないーなのー』 日本の教育的に 『人前ではちゃんとしなさい。』 『迷惑掛けたらダメ。』 って躾られるから 『ちゃんとしなきゃダメなんだ。そうしなきゃお父さんとお母さん(強いては世の中)に嫌われるんだ…愛されないんだ』 って潜在意識に刷り込まれるのだけど ね。。。 想像してみて。 人って完璧な人よりも 逆に格好悪い所がある人とか ちゃんとしてない人の方が 一緒に居るのが楽だったり 親近感や好意が湧いたりすることってない? だから 『私は格好悪くてもいい!それでも私は愛される!』 何回も呟いて 潜在意識を書き換えていこう~。 (潜在意識は繰り返されると書き変わるので) ワークは、 いきなり一気に全てに答えようとしなくても、 しようとしなくても大丈夫なので、 自分のペースでOK。 少しずつやっていくのでもOKですよー🌈 こちからこそ長くなっちゃってごめんねー💦