>>1026 だわわさん 辛いですね……。 不快になんてなりません。 ここは削除できないということで、書いては消しを繰り返し、書いていいものかも悩みました。 こういうお話(スピ系)が好きでは無かったらスルーして下さい。 「誰か、助けて。どうしたらいいか、教えて。」という言葉、過食ではありませんでしたが、小さい頃からずっと不安症だったので、私も長い間そういう心がありました。 家族も友達もいるし対人関係も良かったのに、いつも心の底に孤独感を持っていて、一度不安が落ちてきたら数日は心の中にくすぶり続け、顔は笑って元気に見せていても心はボロボロってことも日常的でした。 去年の秋頃ですが、本でもネットでも「天使に願え」というワードをあちこちで見るようになって、はじめは「スピリチュアルな力がある人は天使様と繋がれていいなぁ」程度に思っていました。 ちょうど純ちゃんの配信で、カフェでゆっくりと過ごそうと決めた日、ことごとく入店を断られて5、6軒目に入れたところが理想のカフェだったというお話があった次の日、夢の第一歩が砕かれたことがありました。 純ちゃんの配信のおかげで、「私の夢はこの先にピッタリの場所がある!」って思う方向で立ち直り方は分かったのですが、ダメだったというショックと不安は全く消えず、心の持っていき方は分かっているのにー!って、不安に落とされるのが哀しくて悔しくて。 その時に、誰でもいいから助けてって気持ちを天使様に向けて、「ミカエル様、この不安を取り除いてください!」って口にしてみたら、その言葉を言い終わる前に嘘のように不安感が消えていました。 ただ「天使に願ってみて!」って書くと怪しさ満載なので、長々と書いてしまいました。 だわわさんが天使様を信じられるのなら、試してみる価値はあるかなと思って勇気を出して投稿しました。 この方法がだわわさんには合わなくても、それこそ、だわわさんが少しでも楽になる方法がどこかにあると思うので、生き難さが軽減するよう、心から応援しています。